×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

第23回アンデス民俗音楽の調べ演奏会

INDEX

LINK



「フォルクローレ」とは

「フォルクローレ」と聞いてあなたはどんな音楽を思い浮かべますか?

何も思い浮かばない、という人も多いかも知れませんが、悲しげな旋律が印象的な「コンドルは飛んでいく」、シャンソンとしてヒットし た「花祭り」、井上陽水の「コーヒールンバ」などを思い浮かべた人がいるかもしれません。

上に挙げた曲は一見するとてんでばらばらに見えますが、それも当然。なぜなら「フォルクローレ」というのはとても様々な音楽をまとめて指した言葉だからです。

遙か昔、前インカ時代、南米の人々は葦で出来た笛(中には石や、なんと人骨で出来たものも!)と太鼓だけを使って村の祭りや家族の儀式のために音楽を奏でていました。しかし15世紀になるとスペインを始める西洋の侵略によって南米にキリスト教文化とそれに伴って教会音楽や西洋音楽というものが入ってきました。それは次第に現地の音楽と一体になり、そして混血の音楽となりました。また、西洋人によって連れてこられた黒人達の音楽までもが南米にあった音楽に混ざり独特の雰囲気を持った音楽が醸成されていったのです。

本演奏会は「アンデスの調べ」となってはいますが、アンデス地方だけにとどまらず平原地方や高原地方の音楽なども含めて、普段耳にすることの少ない南米の音楽を皆さんにお届けしたい、更にフォルクローレを知って好きになってもらいたいと思っています。

Copyright (C) 2007-2015 関東学生フォルクローレ交流会 , All rights reserved.